小児科

小児科

小児科の看護師の仕事内容に触れる前に、現在の日本の小児科の問題について少しお話していきたいと思います。日本は今深刻な医師不足・看護師不足の問題に直面していますね。医師や看護師一人あたりが抱える患者数も世界各国と比べてみると多い状況となっています。特に小児科医や産婦人科医の不足は深刻で、小児科診療を休止する病院などが後を絶ちません。小児科が減っているという事は、ひとつの小児科が抱える患者の数が増えるという事でもあります。患者が集中してしまうのですから当然ですよね。つまり小児科で看護師として働く場合、ある程度過酷な状況であるという事は覚悟した方が良いという事です。勿論地域や病院によって変わってくるとは思いますが、覚悟しておいて損をする事はないと思います。

小児科の問題について触れると「大変な科なんだな」という事で、働く事を少し躊躇してしまう看護師さんや看護学生の方もいるかもしれませんが、やりがいはとてもあります。子は宝です。特に現在の日本は少子化という問題も抱えていますよね。そんな中元気に生まれてきてくれた小さな命達の健康を、看護師としてサポートしていけると言う事は素晴らしい事だと思います。小さなお子さんが好きな方、日本の医療の未来を支えたいという方にはおすすめの科だと言えます。

そんな小児科での看護師の仕事内容はどんなものがあるでしょう。小児科病棟のあるような病院では、肺炎などの上気道感染症や、喘息、胃腸炎、小児麻痺などの患者さんを看ます。その他にも病院によってさまざまな疾患で入院をしている子供達がいます。NICU(新生児集中治療室)なども小児科に含まれます。小児とは0歳から15歳未満の事を言いますから、勿論言葉がまだ話せないという子も沢山います。「辛い」「痛い」「苦しい」などを訴える事も出来ないですし、ある程度喋れるようになっていても自分の病状を詳しく正確に伝えられない事もあります。小児科での看護師の仕事内容にはさまざまなものがありますが、そのどの仕事内容を行なっている時も、表情や動きや小さな変化をしっかりと注意深く看る事が重要になってきます。

また、小児科は患者本人だけではなく、家族との関わり合いなどのスキルも求められます。親は自分が病気になっている時以上に神経を使っています。愛する我が子の事ですから看護師に求める内容も自然と厳しくなってしまうのです。ですので家族との信頼関係をしっかり築く事も大切になってきます。大変な科ではありますが小児科の仕事内容はやりがいがあります。


(※)看護師の方で「今の職場の人間関係がイヤだ・・・」「休みが無くて体力的に厳しい」など今の仕事に不満がある方はまずはマイナビ看護師などの無料転職サービスに登録されてみて下さい。看護師の仕事内容やハードさは職場の巡り合わせによって様々です。同じ看護師のスキルで同じ勤務時間で給料が2倍も違うケース等もあるので今一度ご自身の待遇条件を見つめ直されて下さい。利用は完全無料ですのでまずは初回登録から進まれて下さい。

看護師転職サイト口コミランキング!最新人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア お勧め度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは大手企業運営のマイナビ看護師がランキング1位継続中です。
※上場企業運営で業界大手のナース人材バンクも知名度上昇中です。
※同じ病院でも待遇がサイトで異なるケースもあるので複数サイトを併用しましょう。



▲このページの上部へ
Copyright © 2009-2017 看護師仕事.com -転職を検討中の方へ- All Rights Reserved.
[科別の看護師の仕事] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 循環器科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科 神経科 呼吸器科 リウマチ科 歯科口腔外科 麻酔科 人間ドック 老人ホーム [他] 辛い? 悩み 准看護師 保健師 助産師 [看護師転職サイト] eナース ウイングメディカル お仕事委員会 カンゴワークス キララサポート クリニックジョブ スタッフサービスメディカル スマイルキャリアナビ ナースe仕事 ナースアシスト ナースキャリア ナースセンター ナースプラザ ハートフルスタッフ メディカルワークスステーション 看護プロ 看護協会 看護師プロ 看護師求人.com 看護師求人ドットコム 看護師求人バンク 看護師転職ジョブ 看護師転職ナビ ナースではたらこ