泌尿器科

泌尿器科

泌尿器科は泌尿器の疾患や男性生殖器系の疾患を診療する科になります。具体的には腎臓、尿管、膀胱、尿道、副腎、陰茎、前立腺などです。女性生殖器系は産婦人科や婦人科の領域なので含まれていません。泌尿器科はもともと外科学の腹部領域で腎臓や泌尿器を扱っていた分野です。なので欧米などでは今も外科の一分野として捉えられています。これに対し日本では"皮膚泌尿器科学"という名称で外科学から分離して発展を遂げてきました。

泌尿器科で看護師として働く場合にまず行なってほしい仕事内容は、泌尿器科で扱っている病気をしっかり知るという事です。これはどの科に配属される事になっても基本中の基本です。勿論働き始めないとわからない事も沢山あるとは思いますが、ある程度大まかには把握しておきましょう。泌尿器科の病気には排尿障害、性感染症、癌、膀胱炎、不妊症、インポテンツ、尿路結石、そしてさまざまな性器の悩み等があります。それぞれの疾患によって症状などは変わってきますが、おしっこの回数が頻繁になってしまったり、残尿感が残ってしまったりという症状を持って来院される方も多いと思います。本人にとってはとても気になる事ですよね。また、泌尿器科で診る疾患はとても強い痛みを伴うものも多いです。毎日必ず行なわなければならない排尿時に痛みを伴ったりしてしまうのはもの凄い苦痛です。そんな状態で患者さんは泌尿器科のドアを叩く訳ですが、普段人に見せる事のないようなデリケートな部位ですので、特に初診の患者さん等は緊張している方が多いと思います。恥ずかしさも強く持っている方が多いでしょう。

泌尿器科の看護師はまず恥ずかしがってはいけません。看護師がもじもじしていたり照れていたりしたらそれが患者さんに伝わってしまいます。勇気を持って泌尿器科を受診した患者さんにそのような思いをさせてはいけませんよ。看護師はあくまでもテキパキと余計な事は考えずに自分に与えられた仕事内容をこなしましょう。テキパキと言ってもつっけんどんに対応をするという訳ではありません。患者さんの気持ちに配慮して親切に接し、恥ずかしさなどを少しでも軽減させてあげるのです。

更にインポテンツや不妊症などは精神的ダメージが大きい症状です。看護師の態度や一言で傷ついてしまう患者さんもいるかもしれません。あまり気にしすぎてしまうのも良くないですが、患者さんのメンタル面のケアもしっかりと考えながら泌尿器科での仕事内容をこなしていく事が大切です。


(※)看護師の方で「今の職場の人間関係がイヤだ・・・」「休みが無くて体力的に厳しい」など今の仕事に不満がある方はまずはマイナビ看護師などの無料転職サービスに登録されてみて下さい。看護師の仕事内容やハードさは職場の巡り合わせによって様々です。同じ看護師のスキルで同じ勤務時間で給料が2倍も違うケース等もあるので今一度ご自身の待遇条件を見つめ直されて下さい。利用は完全無料ですのでまずは初回登録から進まれて下さい。

看護師転職サイト口コミランキング!最新人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア お勧め度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは大手企業運営のマイナビ看護師がランキング1位継続中です。
※上場企業運営で業界大手のナース人材バンクも知名度上昇中です。
※同じ病院でも待遇がサイトで異なるケースもあるので複数サイトを併用しましょう。



▲このページの上部へ
Copyright © 2009-2017 看護師仕事.com -転職を検討中の方へ- All Rights Reserved.
[科別の看護師の仕事] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 循環器科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科 神経科 呼吸器科 リウマチ科 歯科口腔外科 麻酔科 人間ドック 老人ホーム [他] 辛い? 悩み 准看護師 保健師 助産師 [看護師転職サイト] eナース ウイングメディカル お仕事委員会 カンゴワークス キララサポート クリニックジョブ スタッフサービスメディカル スマイルキャリアナビ ナースe仕事 ナースアシスト ナースキャリア ナースセンター ナースプラザ ハートフルスタッフ メディカルワークスステーション 看護プロ 看護協会 看護師プロ 看護師求人.com 看護師求人ドットコム 看護師求人バンク 看護師転職ジョブ 看護師転職ナビ