排泄の介助

排泄の介助

排泄の介助をする事も看護師の重要な役目です。病院で患者さんが排泄をするにはいくつかの方法があります。まずひとつ目は病院のトイレに行って排泄をする。そしてふたつ目はベッドサイドに簡易式トイレを設置しての排泄。そしてみっつ目はしびんや差し込み便器を使用してベッド上での排泄。最後にオムツなどがあります。

歩行可能な方や車椅子で移動が出来る方はひとつ目の排泄方法で、歩行などは出来ないがベッドからの移動と座った姿勢が維持出来る方はふたつ目の排泄方法で、ひとつ目とふたつ目が不可能な場合はみっつ目の方法で、そして全く動く事が出来ない場合や動いてはいけないとされている方は最後の方法で排泄をする事になります。

排泄の介助は看護師の業務の中では必要性が高いものですが、苦手としている方が多いという話も良く聞きます。しかし患者さんの立場になって考えてみて下さい。誰だって身体の自由がきくならば自分で排泄を行ないたいですよね。人にはそれぞれプライドや羞恥心があります。申し訳ないという気持ちも勿論あるでしょう。そんな中であなたが苦手そうに嫌そうに排泄の介助をしていたら患者さんはどう思うでしょう。きっと傷つきますよね。排泄の介助には素早く正確に終わらせる技術の他に、患者さんがなるだけ恥ずかしい思いをしないように配慮する心遣いも大切なのです。

ベッドの上での排泄は姿勢的にもお腹に力が入らず難しいものです。また、排泄の介助をする看護師だけではなく、カーテンで仕切られただけの他の患者さんの事なども考えてしまいます。看護師が排泄の介助が苦手だ不得意だなんて言っている場合ではありません。そんな事を言う前にするべき事・気にかけるべき事がきっと山ほどあるはずです。

勿論そういった意識をしっかりと持っている看護師の方も大勢いると思います。看護師になる為の看護学校などでは、排泄の介助をされる患者さんの気持ちに出来る限り近付く為に本人が実際にベッドの上で排泄をするという授業などもあるようです。勿論学校によって違いはあるようですが、こうした体験を事前にしておく事で「患者さんがどれほど恥ずかしいか」という事や「ベッドの上での排泄がどれだけ困難か」という事もわかるようですね。実際にこうした授業をした事が現在の職場で非常に為になっているという声もあります。

排泄の介助は非常に奥が深く介助をされる側もする側も大変なのは事実です。でも、だからこそやりがいもあると思います。


(※)看護師の方で「今の職場の人間関係がイヤだ・・・」「休みが無くて体力的に厳しい」など今の仕事に不満がある方はまずはマイナビ看護師などの無料転職サービスに登録されてみて下さい。看護師の仕事内容やハードさは職場の巡り合わせによって様々です。同じ看護師のスキルで同じ勤務時間で給料が2倍も違うケース等もあるので今一度ご自身の待遇条件を見つめ直されて下さい。利用は完全無料ですのでまずは初回登録から進まれて下さい。

看護師転職サイト口コミランキング!最新人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア お勧め度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは大手企業運営のマイナビ看護師がランキング1位継続中です。
※上場企業運営で業界大手のナース人材バンクも知名度上昇中です。
※同じ病院でも待遇がサイトで異なるケースもあるので複数サイトを併用しましょう。



▲このページの上部へ
Copyright © 2009-2017 看護師仕事.com -転職を検討中の方へ- All Rights Reserved.
[科別の看護師の仕事] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 循環器科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科 神経科 呼吸器科 リウマチ科 歯科口腔外科 麻酔科 人間ドック 老人ホーム [他] 辛い? 悩み 准看護師 保健師 助産師 [看護師転職サイト] eナース ウイングメディカル お仕事委員会 カンゴワークス キララサポート クリニックジョブ スタッフサービスメディカル スマイルキャリアナビ ナースe仕事 ナースアシスト ナースキャリア ナースセンター ナースプラザ ハートフルスタッフ メディカルワークスステーション 看護プロ 看護協会 看護師プロ 看護師求人.com 看護師求人ドットコム 看護師求人バンク 看護師転職ジョブ 看護師転職ナビ ナースではたらこ