看護師仕事.com -転職を検討中の方へ-

看護師の仕事の消費カロリーは?

看護師は病院中を歩き回り、立ったままの作業が多く、患者を介助するときには肉体労働をともないますから、普通の人よりもカロリーを多く消費しているように思えます。具体的に一日何Kcal消費しているのでしょうか。

■消費カロリーの計算方法
METsという値を使って計算します。METsは寝ている時や自宅でくつろいでいる時の消費カロリーを「1」として、ある活動で何倍のカロリーを消費するかを数値化したものです。活動別のMETsの値は決まっていますので、その活動をした時間と自分の体重に1.05をかけた値がその活動の消費カロリーです。式で書くとこのようになります。

消費カロリー(Kcal)=1.05×METs×運動時間(時間)×体重(Kg)

■看護の仕事の消費カロリーは?
国立健康・栄養研究所がまとめたデータによると、食事やデスクワークでのMETsは1.5、看護が3.0、リネン交換は3.3、ややきつい立ち仕事・車いすを押しての移動は3.5です。METsの値だけで比較しても、看護師は普通のOLの2倍のカロリーを消費していることが分かります。1日の作業にはデスクワークやきつい立ち仕事が含まれることもありますので一概には言えませんが、体重55sの看護師が1日8時間勤務した場合、1,386Kcalという計算結果です。

■消費カロリーを上げる方法
普段の看護に加え、率先して患者の乗った車いすを押して移動したり、重いものを運んだりすればもう少しカロリーアップできます。病院の中を何も持たずに普通に歩くとMETsの値は3.5ですが早足で歩けば4.3に上がります。患者さんにぶつからないように注意しながら、てきぱき歩くのも良いかもしれません。出勤する前にアミノ酸サプリを取ると、体脂肪の燃焼効果が高まり、効果的なダイエットを見込めます。アミノ酸には水分の代謝を活発にし、むくみを和らげる作用もあります。

■体力を温存する方法
逆に体調が優れないときや、疲れているときは消費カロリーを下げる工夫も必要です。座って作業すると消費カロリーは立ち仕事の半分で済みます。また、歩くと余計にカロリーを消費しますので、ムダに立ち歩かないようにしましょう。歩く時は少しゆっくり歩くとよいです。大人が普通に歩くときのMETsは3.5ですが、ゆっくり歩くと2.0まで落とせます。物を持って歩くと10s程度でもMETsは4.5まで上がってしまいます。重たいものを運ぶときは台車を使いましょう。


看護師転職サイト口コミランキング!最新人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア お勧め度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは大手企業運営のマイナビ看護師がランキング1位継続中です。
※上場企業運営で業界大手のナース人材バンクも知名度上昇中です。
※同じ病院でも待遇がサイトで異なるケースもあるので複数サイトを併用しましょう。



▲このページの上部へ
Copyright © 2009-2018 看護師仕事.com -転職を検討中の方へ- All Rights Reserved.
[科別の看護師の仕事] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 循環器科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科 神経科 呼吸器科 リウマチ科 歯科口腔外科 麻酔科 人間ドック 老人ホーム [他] 辛い? 悩み 准看護師 保健師 助産師 [看護師転職サイト] eナース ウイングメディカル お仕事委員会 カンゴワークス キララサポート クリニックジョブ スタッフサービスメディカル スマイルキャリアナビ ナースe仕事 ナースアシスト ナースキャリア ナースセンター ナースプラザ ハートフルスタッフ メディカルワークスステーション 看護プロ 看護協会 看護師プロ 看護師求人.com 看護師求人ドットコム 看護師求人バンク 看護師転職ジョブ 看護師転職ナビ ナースではたらこ