看護師仕事.com -転職を検討中の方へ-

看護師の仕事の時間 看護師の72時間ルール

「72時間ルール」とは、2006年の診療報酬改定の際厚生労働省が定めた、 看護師の夜勤の平均時間が72時間以内じゃないと、特別入院基本料を点数の低いほうで算定しなければならないというものです。 72時間というと2交替の16時間勤務だと月4回まで、3交替の8時間勤務だと月9回までとなります。

そもそも、何故このような改訂がなされたのかというと、 日本看護協会は64時間を主張しています。つまりもっと夜勤を減らせということですね。 看護師さんの代表がそう主張してるわけですから、厚労省はそれに合わせて報酬基準を決めたわけです。 しかし、これに病院側・医師側が猛反発。 特に中小の病院や地方の病院は、看護師不足が深刻で夜勤の体制を維持することが困難な状況で、 更に報酬を下げますという話だから、猛反発しているわけです。 確かに、大手の病院のように看護師さんを潤沢に採用出来てるところは、夜勤者の人数を増やせば、 1人平均の夜勤時間は減らせるわけです。逆に不足しているところでは夜勤時間は増やすしかないんですね。 それで厚労省は、この72時間ルールの緩和措置というのを発表して、何とか人手不足の病院を救済しようとしたのですが、 こんどは日本看護協会が猛反発しているわけです。 但し、看護師さんも病院に雇われているわけですから、その病院が経営危機になれば困るわけです。 夜勤体制が維持できないと、患者さんに迷惑を掛けることになるかもしれません。 結局、「72時間ルール」は看護師さんの夜勤問題も、看護師不足の問題も、地域医療の崩壊の問題も、 何にも解決することなく、宙ぶらりんになってしまったのです。

現場の看護師さん自身はどう考えているのでしょう? ある人は夜勤時間の短縮に、看護師の体調管理などの観点から賛成しています。 ある人は夜勤時間の短縮で、給料が減らされてしまうことに不満を感じ、反対の立場です。 やはり、72時間だろうが、64時間だろうが、根本問題は解決できないと思います。 これを解決するためには、まず地域医療の復活のための施策を国が打ち出さなければなりません。 さらに、看護師業務体制の抜本的な見直しをしなければなりません。 非正規職の看護師の増員、そのための交替制の見直し、資格制の見直しなどたくさんの問題があります。 雇用のミスマッチを減らす工夫なども必要でしょう。

いずれにせよ、看護師さんの為になるような施策を打ち出すために、もっと現場の声を聞いて欲しいですね。


(※)看護師の方で「今の職場の人間関係がイヤだ・・・」「休みが無くて体力的に厳しい」など今の仕事に不満がある方はまずはマイナビ看護師などの無料転職サービスに登録されてみて下さい。看護師の仕事内容やハードさは職場の巡り合わせによって様々です。同じ看護師のスキルで同じ勤務時間で給料が2倍も違うケース等もあるので今一度ご自身の待遇条件を見つめ直されて下さい。利用は完全無料ですのでまずは初回登録から進まれて下さい。

看護師転職サイト口コミランキング!最新人気NO.1ブランドはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア お勧め度 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ★★★★★ 詳細


>>>公式申し込みページへ進む

※当サイトでは大手企業運営のマイナビ看護師がランキング1位継続中です。
※上場企業運営で業界大手のナース人材バンクも知名度上昇中です。
※同じ病院でも待遇がサイトで異なるケースもあるので複数サイトを併用しましょう。



▲このページの上部へ
Copyright © 2009-2017 看護師仕事.com -転職を検討中の方へ- All Rights Reserved.
[科別の看護師の仕事] 内科 小児科 精神科 外科 整形外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻科 循環器科 性病科 肛門科 麻酔科 心療内科 リハビリ科 放射線科 気管食道科 神経科 呼吸器科 リウマチ科 歯科口腔外科 麻酔科 人間ドック 老人ホーム [他] 辛い? 悩み 准看護師 保健師 助産師 [看護師転職サイト] eナース ウイングメディカル お仕事委員会 カンゴワークス キララサポート クリニックジョブ スタッフサービスメディカル スマイルキャリアナビ ナースe仕事 ナースアシスト ナースキャリア ナースセンター ナースプラザ ハートフルスタッフ メディカルワークスステーション 看護プロ 看護協会 看護師プロ 看護師求人.com 看護師求人ドットコム 看護師求人バンク 看護師転職ジョブ 看護師転職ナビ ナースではたらこ